トピック
    統合取引アカウントと標準アカウントの比較
    bybit2024-05-28 10:22:38

    2023年9月より、Bybitは新規および既存のお客様の統合取引アカウント(UTA)に移行します。この変更により、1つのアカウントで複数資産のクロスプロダクト担保化が可能になり、資産管理が簡素化されます。この記事では、標準アカウントとUTAの違いについて説明します。

     

     

    1. 全体的な違い

     

    標準アカウント

    統合取引アカウント

    単一資産マージンと複数資産マージンの比較

    トレーダーは、各アカウントに取引商品に関連する特定の資産を保有する必要があります。たとえば、USDT契約を取引するには、デリバティブアカウントでUSDTが必要です。

    トレーダーは、サポート対象のさまざまな証拠金資産を担保として使用できるため、正確な決済資産が不要です。たとえば、UTAでBTCを保有すると、BTCのUSDT相当価額を担保としてUSDT契約注文を行うことができます。

    管理するアカウント

    1. 資金調達アカウント

    2. 現物アカウント

    3. デリバティブアカウント

    4. USDCデリバティブアカウント

    1. 資金調達アカウント

    2. 統合取引アカウント

    3. インバースデリバティブアカウント

    サポート対象の取引商品

    1. 現物

    2. 現物マージン

    3. レバレッジトークン

    4. USDT契約

    5. インバース契約

    1. 現物

    2. 現物マージン

    3. レバレッジトークン

    4. USDT契約

    5. インバース契約

    6. USDC契約

    7. USDCオプション

    商品間の未実現損益の相殺

    サポート対象外

    デリバティブ商品の未実現利益は、別のデリバティブ商品の損失を相殺するために使用できます(分離マージンモードを除く)。詳細については、こちらをご覧ください。

     

     

     

     

    2. 取引商品の種類

     

    現物&現物マージン

    USDT契約

    USDC契約

    USDCオプション

    インバース契約

    標準アカウント

    現物アカウント

    X

    X

    X

    X

    デリバティブアカウント

    X

    X

    X

    統合取引アカウント

    統合取引アカウント

     

     

    (分離マージンモードでは、UTAでは現物マージンとUSDCオプションはサポートされていません)

    X

    インバースデリバティブアカウント

    X

     

     

     

     

    3. 担保として必要な資産

     

    USDT契約

    USDC契約

    USDCオプション

    インバース契約

    標準アカウント

    USDT

    標準アカウントではサポートされていません

    それぞれの決済資産

    統合取引アカウント

    統合取引アカウントでサポートされている証拠金資産

     

     

     

     

     

    4. ポジションモードとマージンモード

     

    マージンモード

    ポジションモード

    標準アカウント

    1. 分離マージン

    2. クロスマージン

    1. ワンウェイモード

    2. ヘッジモード

    ●  ロングポジションとショートポジションのレバレッジ設定はさまざまです。

    ●  USDT契約でのみ利用可能です。

    統合取引アカウント

    1. 分離マージン

    2. クロスマージン

    3. ポートフォリオマージン

     

    マージンモードの切り替えは、未決済ポジションやアクティブ注文がある場合でもサポートされます。ただし、こちらに記載されている条件が適用されます。

    1. ワンウェイモード

    2. ヘッジモード

    ●  ロングポジションとショートポジションはどちらも、同じレバレッジ設定を使用する必要があります。

    ●  USDT契約でのみ利用可能です。

     

     

     

     

    5. 借入と利息

     

     

    現物マージン取引

    USDT契約

    USDC契約

    インバース契約

    標準アカウント

    利用者は、他の証拠金資産を返済の担保として利用しながら、プラットフォームから借入できます。利息は借入額に請求されます。

    借入はサポートされていません

    統合取引アカウント

    利用者は、他の証拠金資産を返済の担保として利用しながら、プラットフォームから借入できます。利息は借入額に請求されます。詳細については、こちらをご覧ください。

    借入はサポートされていません

     

     

     

     

    6. リスク管理

     

    強制決済

    標準アカウント

    マーク価格が強制決済価格に達すると、強制決済がトリガーされます。強制決済価格は、初期証拠金率、維持証拠金率、利用可能残高などのパラメータに基づいて計算されます。

    統合取引アカウント

    証拠金モードに応じて、強制決済は異なる基準に基づきます。

     

    分離マージンモード:標準アカウントと同様に、マーク価格が強制決済価格に達すると強制決済がトリガーされます。

     

    クロスマージンモードまたはポートフォリオマージンモード: ポジションの初期証拠金と維持証拠金に基づいて、アカウントの初期証拠金率と維持証拠金率を算出します。アカウントの維持証拠金率が100%に達すると、強制決済がトリガーされます。詳細については、こちらをご覧ください。

     

     

     

     

    強制決済プロセスの詳細については、以下の記事をご覧ください。

    ●  標準アカウント:デリバティブ取引の強制決済プロセス(標準アカウント)

    ●  統合取引アカウント: 強制決済プロセス(統合取引アカウント)

     

     

    役に立ちましたか?
    yesはいyesいいえ