トピック
    取引ルール:強制決済プロセス(統合取引アカウント)
    bybit2024-04-04 08:38:54





      Bybitは、統合取引アカウント(UTA)の分離マージンモードと、既存のクロスマージンモードおよびポートフォリオマージンモードをサポートしています。

       

      分離マージンモードでは、ポジションの強制決済リスクは、各ポジションに割り当てられた証拠金に基づいて評価されます。マーク価格が強制決済価格に達すると、強制決済がトリガーされます。

       

      クロスマージンモードおよびポートフォリオマージンモードでは、統合取引アカウントのリスクは、すべてのポジションの必要証拠金率(IMR)と維持証拠金率(MMR)を用いて評価されます。MMRが100%に達すると強制決済がトリガーされます。



      詳細はこちら

      統合取引アカウントにおけるマージンモードの違い




      統合取引アカウントにおける現物マージン取引、USDT無期限契約、USDC無期限契約、USDC先物契約、USDCオプションの強制決済プロセスは、以下の3つの証拠金モード(3つ)によって異なります:分離マージン、クロスマージン、ポートフォリオマージン。これら3つの証拠金モードでは、アカウントIMRとMMRに影響を及ぼすパラメータも異なります。これらの計算式は以下のとおりです。

       






      分離マージン

      分離マージンでは、各通貨ペアまたは契約の証拠金は独立して計算され、他の注文やポジションの影響を受けません。このモードは、ワンウェイモードとヘッジモード(USDT無期限のみ)の両方に対応しています。

       

      分離マージンの証拠金は独立して算出されるため、ワンウェイモードとヘッジモード(USDT無期限のみ)の証拠金計算方法は一貫しています。証拠金の計算方法については、以下の記事を参照してください。

       

      — 分離マージンモードでは、現物マージン取引とオプション取引はサポートされていません。




      強制決済プロセス

      分離マージンモードでは、マーク価格が強制決済価格に達すると強制決済がトリガーされます。Bybitでは、即時完全強制決済のトリガーを避けるため、部分強制決済を利用して必要な維持証拠金を削減しています。USDT無期限、USDC無期限、先物の具体的な強制決済プロセスについては、以下の記事をご参照ください。

       

       

       

       

       

      クロスマージン

      UTAのクロスマージンモードは、主に証拠金残高、必要証拠金、維持証拠金、アクティブ注文(複数可)の価値損失(異なる資産の担保価値比率による)に基づいています。アカウントのMMRが100%に達すると、強制決済がトリガーされます。

       

      クロスマージンモードでは、ワンウェイモードとヘッジモード(USDT無期限のみ)に対応しています。どちらのモードも同じ計算式を使用して、アカウントIMRとアカウントMMRを算出します。ただし、未決済ポジションに必要な初期証拠金の算出式は、2つのモード(2モード)によって異なります。証拠金の計算方法の詳細については、用語集(統合取引アカウント)をご参照ください。




      強制決済プロセス

      クロスマージンにおける統合取引アカウントの強制決済プロセスは、以下のとおりです。

       

      証拠金率レベル

      アカウントの必要証拠金率 (IMR)

      ≧(選択したレバレッジ - 1 / 選択したレバレッジ)

      • マージン取引では借入はできません。

      ≥100%

      • オプションのアクティブ注文はキャンセルされ、現物、無期限、先物取引の注文は維持されます。

      • 証拠金を占める新規デリバティブ注文は発注できません。

      • 低い変換率の資産で高い変換率の資産を購入する注文を出すことはできません。

      アカウント維持証拠金率 (MMR)

      = 100%

      ステップ1:アクティブ注文をキャンセルする


      a) デリバティブ:オプション購入注文を含め、ポジションサイズが拡大する注文はすべてキャンセルされます。


      b) 現物:現物および現物マージン注文をすべてキャンセルし、低い変換率の資産で高い変換率の資産を購入する注文もキャンセルします。



      ステップ2:自動返済

      UTAに負債がある場合、こちらに記載されているプロセスに従って自動返済がトリガーされます。


      (証拠金資産の流動性注文を確認)



      ステップ3:すべての注文をキャンセルする



      ステップ4:完全にヘッジされたポジションを決済する(ヘッジモード)

      このステップは、ヘッジモードで完全にヘッジされたポジションにのみ適用されます。完全にヘッジされたポジションはマーク価格で決済され、証拠金が解放されます。完全にヘッジされたポジションが複数ある場合、強制決済の順序は、以下の契約流動性注文に基づきます。



      ステップ5:ヘッジされていないポジションの強制決済

      システムは、MMRを≤ 100%に減少させるために必要な証拠金を計算します。次に、通貨ペアの流動性注文に応じて、流動性注文に基づいてリスク制限階層を減らすポジションを決定し、強制決済によって必要な証拠金を解放します。



      ステップ6:ショートオプションポジションの強制決済

      アカウントMMRが100%以上を維持している場合、すべてのショートオプションポジションは強制決済されます。強制決済エンジンは、注文板で約定できる注文を優先します。注文板の流動性が不十分な場合、BybitはOTCマーケットメイカーを関与させてポジションを四捨五入し、MMRを減らします。このような場合、リスクファクターをカバーする保険プールを維持するために強制決済手数料が課されます。


      上記のステップによりMMRが100%未満になった場合、強制決済プロセスは停止され、さらなるステップは実行されません。


      (契約の流動性注文については、以下の参照セクションの表をご覧ください)

      = 90%

      強制決済プロセスが終了しました。

      ≥ 160%

      強制決済エンジンがポジションを引き継ぎ、ポジション全体が強制決済されます。購入オプションは除外され、強制決済されません。

       

       

       

       

       

      ポートフォリオマージン

      ポートフォリオマージンは、主に資産、必要証拠金、維持証拠金、アクティブ注文(複数可)の価値損失(異なる資産の変換率による)に基づいています。クロスマージンモードと同様に、アカウントのMMRが100%に達すると強制決済がトリガーされます。 証拠金の計算方法の詳細については、用語集(統合取引アカウント)をご参照ください。

       

      ポートフォリオマージンモードの証拠金計算の詳細については、こちらをご覧ください。




      強制決済プロセス

      ポートフォリオマージンにおける統合取引アカウントの強制決済プロセスは、以下のとおりです。

       

      証拠金率レベル


      アカウントの必要証拠金率 (IMR)

      ≧(選択したレバレッジ - 1 / 選択したレバレッジ)

      • マージン取引では借入はできません。

      ≥ 100%

      • 証拠金を増やす新しいポジションを建てることはできません。

      アカウント維持証拠金率 (MMR)

      = 100%

      ステップ1:すべての注文をキャンセルする



      ステップ2:自動返済

      UTAに負債がある場合、こちらに記載されているプロセスに従って自動返済がトリガーされます。現物ヘッジに関連する資産や借入は、返済や返済には使用されません。


      (証拠金資産の流動性注文を確認)



      ステップ3:現物ヘッジおよびデリバティブポジションに関連する資産の強制決済

      アカウントのMMRが100%のままの場合、システムはお客様の資産とポジションを異なる通貨で以下の順序で管理することにより、ラダー強制決済を実行します。


      (A) USDCで決済された無期限契約またはUSDTで決済された無期限契約にのみ使用される資産。

      (B) カテゴリーA以外の資産はカテゴリーBに分類され、現物、先物、オプションの投資ポートフォリオが含まれます。USDC無期限とUSDT無期限のポートフォリオも、このカテゴリーに分類される点にご注意ください。


       a. システムは、アカウントのMMR ≤ 90%まで、または対象となる通貨がなくなるまで、通貨ペアの流動性注文に応じて、カテゴリー(A)に該当する資産の強制決済を優先します。


      b. 利用者の資産がカテゴリー(B)に該当する場合、システムは各デリバティブポジションを順次評価し、各デリバティブポジションを部分的に決済し、強制決済のためにMMRが最も減少するポジションを選択した後、アカウントのMMRへの影響をシミュレーションします。


      c. 現物ヘッジを有効にしている場合、Bybitの強制決済シミュレーションでは、デリバティブポジションを強制決済した後のヘッジに使用される現物資産の変化の影響も考慮されます。


      d. カテゴリー(B)に該当するポジションのシミュレーションプロセスでは、各デリバティブポジションの強制決済数量は、実際の市場の流動性条件に基づいて決定されます。ただし、強制決済される最大契約数量は、ポジションの建玉数量またはプラットフォームでの取引ごとの最大注文サイズを超えることはありません。


      e. 強制決済シミュレーション中にアカウントのMMRを効果的に削減できるポジションを特定できない場合(非常に優れたヘッジポートフォリオを検討)、強制決済プロセスは停止されます。ただし、システムは、アカウントが引き継がれるか、強制決済プロセスが終了するまで、強制決済に適したポジションを特定しようと試み続けます。

      = 90%

      強制決済プロセスが終了しました。

      ≥ 160%

      強制決済システムは現物資産とデリバティブポジションを引き継ぎ、UTA内の資産とポジション全体を強制決済します。





      現物取引ルール

      統合取引アカウントでは、現物マージン取引に関して注目に値するシナリオが2つあります。

      1. 現物マージン取引機能が有効になっていません。

      • IMRが100%を超える場合、低い変換率の資産でより高い変換率の資産を購入する注文を出すことはできません。

      • デリバティブポジションがある場合、現物注文は利用可能残高と担保資産残高に基づいて取引可能額を総合的に計算します。

       

      2. 現物マージン取引機能が有効になっています。

      • IMRが(選択したレバレッジ - 1 / 選択したレバレッジ)に達した場合、現物証拠金注文を発注することはできません。

      • MMRが100%に達すると、証拠金資産が売却され、すべての負債が決済されます。

      • IMRが100%を超える場合、低い変換率の資産でより高い変換率の資産を購入する注文を出すことはできません。

      • 統合取引アカウントの利用可能証拠金がゼロ以上の場合、注文時に自動的により多くの金額を借入・売却できます。






      ​​​参考文献

      通貨ペアまたは証拠金資産の流動性注文は以下のとおりです。

       

      デリバティブ

       

      注文

      契約

      1–20

      BTCUSDT, ETHUSDT, SOLUSDT, XRPUSDT, BTCPERP, GMTUSDT, SANDUSDT, ADAUSDT, BNBUSDT, MATICUSDT, AVAXUSDT, APEUSDT, LINKUSDT, LTCUSDT, TRXUSDT, UNFIUSDT, NEARUSDT, GALAUSDT, DOTUSDT, ATOMUSDT

      21–40

      AXSUSDT, SHIB1000USDT, USDCUSDT, UNIUSDT, LUNA2USDT, BCHUSDT, WAVESUSDT, AAVEUSDT, DOGEUSDT, STORJUSDT, MANAUSDT, ZILUSDT, RUNEUSDT, FTMUSDT, SNXUSDT, KNCUSDT, ETCUSDT, XTZUSDT, THETAUSDT, OPUSDT

      41–60

      EOSUSDT, OGNUSDT, CHZUSDT, MTLUSDT, CRVUSDT, XLMUSDT, XMRUSDT, FTTUSDT, BELUSDT, EGLDUSDT, FLMUSDT, 1INCHUSDT, SUSHIUSDT, COMPUSDT, BATUSDT, SRMUSDT, ZRXUSDT, TRBUSDT, FITFIUSDT, OMGUSDT,

      61–80

      IOSTUSDT, CROUSDT, ENSUSDT, LRCUSDT, KAVAUSDT, BLZUSDT, ENJUSDT, ALGOUSDT, BITUSDT, BNXUSDT, MKRUSDT, FILUSDT, YFIUSDT, ZECUSDT, ALICEUSDT, DYDXUSDT, ARPAUSDT, GALUSDT, VETUSDT, API3USDT

      81–100

      BSWUSDT, ARUSDT, KSMUSDT, HNTUSDT, ONEUSDT, ONTUSDT, OCEANUSDT, ICPUSDT, CTSIUSDT, HBARUSDT, DASHUSDT, SXPUSDT, 1000XECUSDT, PEOPLEUSDT, WOOUSDT, NEOUSDT, BANDUSDT, XEMUSDT, CTKUSDT, C98USDT

      101–120

      AUDIOUSDT, LITUSDT, RENUSDT, COTIUSDT, CHRUSDT, SKLUSDT, GRTUSDT, LINAUSDT, MASKUSDT, GSTUSDT, BAKEUSDT, ANKRUSDT, IOTXUSDT, QTUMUSDT, DARUSDT, AKROUSDT, BALUSDT, CVXUSDT, GLMRUSDT, AGLDUSDT

      121–140

      IOTAUSDT, ALPHAUSDT, HOTUSDT, JSTUSDT, ICXUSDT, REQUSDT, ROSEUSDT, RSRUSDT, KDAUSDT, YGGUSDT, BSVUSDT, TOMOUSDT, DENTUSDT, REEFUSDT, RAYUSDT, ZENUSDT, DODOUSDT, CELRUSDT, STMXUSDT, CELOUSDT, GTCUSDT

      141–160

      PAXGUSDT, FLOWUSDT, LOOKSUSDT, IMXUSDT, ILVUSDT, ASTRUSDT, SLPUSDT, SFPUSDT, TLMUSDT, RSS3USDT, DUSKUSDT, STXUSDT, ANTUSDT, CVCUSDT, FXSUSDT, MINAUSDT, KLAYUSDT, 1000BTTUSDT, XCNUSDT, SUNUSDT

      161–180

      LPTUSDT, 10000NFTUSDT, DGBUSDT, RNDRUSDT, RVNUSDT, ACHUSDT, JASMYUSDT, SCRTUSDT, BOBAUSDT, SPELLUSDT, CTCUSDT, CKBUSDT, CREAMUSDT, SCUSDT, BICOUSDT, ETHPERP, SOLPERP, GMTPERP, ADAPERP, AVAXPERP, XRPPERP... (新リリースシンボル)

       

      • 強制決済の場合、決済日に最も近い先物ポジションが最初に強制決済されます。

       

       

       

      証拠金資産

      証拠金資産の流動性注文については、こちらをご参照ください。

      役に立ちましたか?
      yesはいyesいいえ