トピック
    Bybit統合取引アカウント(UTA)の概要
    bybit2024-05-20 02:18:02

    Bybit統合取引アカウント(UTA)は、さまざまな市況に適用可能なオールインワンのアカウントモードです。現物取引、現物マージン取引、USDT無期限、USDC無期限、USDC先物、USDCオプションなどの多通貨取引商品および主力取引商品を利用できます。統合取引アカウントでは、アカウントを切り替えずに、各種取引とクロス担保マージンを組み合わせることが可能になります。

     

    統合取引アカウントでクロスマージンモードやポートフォリオマージンモードを使用すれば、サポートされている資産(BTCやETHなど)を売却せずに担保として利用し、他の資産のマージン取引が行えます。

     

    また、未実現利益を、新たなポジションを開設するための証拠金として利用することもできます。すべての資産がまとめられるため、各種デリバティブ商品の未実現損益を相殺することができ、資本効率が大幅に向上します。統合取引アカウントでは、ポジションレベルではなくアカウントレベルでマージン計算を行います。

     

    関連資料

    Bybit統合取引アカウント:こんな方に最適です

    Bybit統合取引アカウント:7つのおすすめ理由

    Bybit統合取引アカウントによる効果的なリスク管理
    Bybit統合取引アカウントとは?機能とメリットを徹底解説






    統合取引アカウントでは、上記のクロスマージンモードやポートフォリオマージンモードのほか、分離マージンモードも利用できます。分離マージンモードは、マージンを分離することにより各ポジションの取引損失を限定したいお客様に最適です。統合取引アカウントがサポートしている各マージンモードの概要は以下のとおりです。個人の投資選好に合わせてモードを選択できます。

     

    アカウントマージンモード

    メリット

    資産モード

    サポート対象商品

    分離モード

    — 各ポジションおよびアクティブ注文について個別に証拠金を計算します。


    — 各ポジションの証拠金は互いに影響せず、ポジションの最大限の損失はポジション自身の証拠金となります。

    単一資産モード:

    例えば、USDTはUSDT契約の取引にのみ使用でき、USDCはUSDC契約の取引にのみ使用できます。

    現物取引


    USDT無期限 


    USDC無期限および先物

    クロスマージンモード

    — ドル建ての複数資産担保を用いてデリバティブ取引を行うことにより資本効率を改善できます。


    — 複数ポジションの損益を相殺することや、複数ポジションの利益を用いて新規ポジションを開設することが可能です。

    複数資産モード:

    デリバティブ取引を行う場合、担保資産はすべてドルに換算されます。

    現物取引


    現物マージン取引


    USDT無期限 


    USDC無期限および先物


    USDCオプション

    ポートフォリオマージンモード

    — 各種のデリバティブ商品について、低いリスクでポジションを完全にヘッジし、少ない証拠金でポジションを維持できます。


    – 複数ポジションの損益を相殺することや、複数ポジションの利益を用いて新規ポジションを開設することが可能です。

    複数資産モード:

    デリバティブ取引を行う場合、担保資産はすべてドルに換算されます。

    現物取引


    現物マージン取引


    USDT無期限 


    USDC無期限および先物


    USDCオプション

     

    注:

    — アップグレード後に元の現物アカウントやデリバティブアカウントに戻すことはできません。

    統合取引アカウントで利用する分離マージンモード、クロスマージンモード、ポートフォリオマージンモードの違いについて、詳しくはこちらをご覧ください。

     

     

     

     

     

     

    自動借入

    統合取引アカウントで保有している資産の価額が、取引や市場変動によりゼロ未満となった場合は、資産の自動借入がシステムにより実行され、無利子金額を超えるとすべての負債に利息が課されます。詳細については、借入および返済(統合取引アカウント)をご覧ください。

     

     

     

     

     

    担保価値比率

    統合取引アカウントで利用可能な担保資産は、クロスマージンモードとポートフォリオマージンモードではすべてドルに変換されます。各コインの流動性条件が異なるため、担保価値比率は資産ごとに異なります。統合取引アカウントのドル建て証拠金残高合計金額は、以下の計算式により算出します。

     

    資産価値合計(ドル建て) = 資産1 × 対応するドル建てインデックス価格 × 対応する担保価値比率 + 資産2 × 対応するドル建てインデックス価格 × 対応する担保価値比率 + … + 資産N × 対応するUSDインデックス価格 × 対応する担保価値比率

     

    資産

    担保価値比率

    USDC

    100%

    USDT

    100%

    BTC

    95%

    ETH

    95%

     

    各種資産の担保価値比率の詳細については、統合取引アカウントにログインし、こちらのページにアクセスしてください。

     

    注:

    — 担保価値比率は残高がプラスの資産だけに適用されます。残高がマイナスの資産については、資産の種類にかかわらず、担保価値比率は既定で100%となります。

    — パラメータは市況に応じて変更する場合があります。その場合はお客様に事前通知します。

    — ドル建てインデックス価格は次のように算出できます。
    USDインデックス価格 =USDT無期限インデックス価格 × USDT換算率

    USDT換算率 =BTCUSDインデックス価格 ÷ BTCUSDTインデックス価格

    USDT無期限インデックス価格がないコインについては、Bybit現物市場の最終取引価格を参照価格とします。例えばETHの場合、ドル建てインデックス価格は次のとおりです:ETHUSDTインデックス価格 × USDT換算率。




    具体例(説明用)

    統合取引アカウントで1,000 USDT、1,000 USDC、0.1 BTCを保有していると仮定します。

     

    資産

    ドル建てインデックス価格

    担保価値比率

    ドル相当額

    USDT

    1:0.9952ドル

    100%

    1,000 × 0.9952 × 100% = 995.20ドル

    USDC

    1:1ドル

    100%

    1,000 × 1 × 100% = 1,000ドル

    BTC

    1:16,639.81ドル

    95%

    0.1 × 16,639.81 × 95% ≒ 1,580.7819ドル

    証拠金残高合計 = 995.20 + 1,000 + 1,580.7819 ≒ 3,575.9819ドル

    証拠金として使用できる合計金額は、3,575.9819ドルとなります。






    リスク管理

    クロスマージンモードとポートフォリオマージンモードでは、アカウント全体のリスクと資産をドルで計算します。アカウントの必要証拠金または維持証拠金(ドル換算)が要件を満たしていれば、特定の通貨の利用可能残高が不足している場合でも、新規注文の発注やポジションの維持は可能です。アカウントの維持証拠金率が100%未満でも、強制決済や部分強制決済は発動されません。

     

    また、各ポジションの証拠金をアカウント残高から切り離して個別にリスク管理を行いたい場合にも、分離マージンモードを活用できます。分離マージンモードでは、独立の基準で証拠金を算出するため、そのオープンポジションについて、ポジションマージンの強制決済による損失の最大金額を限定できます。分離マージンモードでは、マーク価格が強制決済価格に達した場合に限り強制決済が発動されます。詳細については、取引ルール:強制決済プロセス(統合取引アカウント)をご覧ください。

     

     

    統合取引アカウントへのアップグレードは、PC版の取引サイトやBybitアプリから手動で行えます。統合取引アカウントの利用開始方法については、こちらをご覧ください。

    役に立ちましたか?
    yesはいyesいいえ